HOME > 会社案内 > ごあいさつ
会長ごあいさつ

当社は昭和46年10月、社員4名とともに設立したナブコ自動ドアの施工店「富士建装株式会社」としてスタートしました。
“始めるからには富士山のように日本一を目指そう!”と、夢と大志を社名に込めました。
その後事業の拡大に伴い、平成2年に現社名フジパスク株式会社に改称しましたが、先頭のフジに創業時の思いを残しました。
私は、学生時代を通して毎日好きな野球に明け暮れ、まさに青春の情熱をひたすら野球に注いだ日々を過ごしておりました。
そして、この野球を通じて学んだこと、出会うことのできた人々、そのすべてが貴重な財産となり、実社会で経営者になってからも大いに役立ちました。
野球の基本はキャッチボールです。そして私は、経営の基本もキャッチボールであると思っています。お客様の声をよく聞き、正しく理解し、すばやくご要望にお応えする。それこそコミュニケーションの根幹を支えるキャッチボールです。
私どもの会社も、いよいよ次の世代に移る時を迎えました。時代は変わっても、キャッチボールを基本とする当社の姿勢は変わりません。これからも引き続きご愛顧いただけますよう、心からお願い申し上げる次第です。

社長ごあいさつ

私は 、30歳を過ぎるまで、野球を通じグラウンドの内外で貴重な経験をし、多くの事を学びました。その後当社に入社し早や30年、多くの方々に支えられ今日を迎えられた事に心より感謝申し上げます。
令和2年8月、企業も人も大きな変革を求められる時代に突入する中、社長を拝命し、会社の舵取りを担う事となりました。
令和3年10月には、フジパスクは創立50周年を迎えます。
次の50年に向け、創業者の思いであるキャッチボールの理念を継承し、夢を持って更なる社業の発展に尽力して行く所存です。
社員一同、お客様のご期待とご要望に応え、社会に貢献していける会社創りを目指して参ります。
今後共、何卒倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。